一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
曇り

ここ3日ほど、明日から東大総合博物館で開催される
特別展示「東京大学コレクション―写真家上田義彦のマニエリスム博物誌」展の
準備を、授業の関係で手伝わせていただきました。
標本になぜか生命を感じるような妖しく美しい写真も勿論すばらしいのですが、
空間のデザインがすごい。あらゆる角度からの視点が計算しつくされています。
展示とは全体を考えてするものなのだということを初めて理解しました。
何事を見るにも俯瞰的な目線を忘れないようにしたいと思います。ショック

しかし骨に囲まれてひたすらワインをグラスに注ぐなんてこと
そうそう経験できるものではありませんね唖然

科学映画の歴史をずっと、雑誌から調べているのですが、
そこでも俯瞰的な目線というものの重要性を感じます。
1950年代の雑誌でも「日本の一般市民の科学リテラシーは低い。
科学を伝えるコミュニケーションの工夫が必要である。」
ということが盛んに言われていて、
芸術的な視点から科学を見ることを勧める論者もいました。

先日上映会で観た、土本典昭監督の「原発切抜帖」もそう。
(水俣病の映画など、数々の社会派ドキュメンタリーを撮っている)
原発に関する新聞のスクラップをただただ映しているのですが
これまで日本で起きてきた原発事故、原子力開発のもたらした数々の害を
つなぎあわせることで再考させる映画でした。
(日本にもここまで面白い社会派ドキュメンタリーがあったんだ!!
 興奮した作品でした)

問題はいつもそこにあるのに、我々はどうしてすぐ忘れてしまうのでしょう?
つないで全体的に見てみると、初めて見えてくるものがあるのだな、と思いました。

ところで、先日違う授業で、印刷博物館に行きましたが
ここにも科学好きな人にはうれしい展示がいっぱい!
「博物誌」「種の起源」「解体新書」「百科全書」など
科学史に出てきた本が収蔵されていました。読書
美しい印刷物がいっぱいで心躍りますラブ
私、活字というものがすごく好きみたいです。
| - | 22:02 | comments(9) | trackbacks(139)
このブログには
「サイエンスエンジェル」で検索して辿り着く人が圧倒的に多いみたいです。
ごめん、エンジェルじゃなくて…
面白かったのは「ヤギ かっこいい」で検索してきた人がいることです。
かっこいいのか、私イヒヒ(絶対違う)

昨日はneoneo坐で短編記録映画の上映会を見てきました。
昨日のテーマは「睡眠」zzz
昔の科学映画には、現代でやったら動物愛護団体に血祭りにあげられそうな
動物実験のシーンが時たま出てきますが、今回は特に強烈でした…
バックに哀愁あふれる旋律が流れるのがまたどうしようもない…ニョロ

しかし、70年代の模範的すぎる家族の風景が観れたのはすごく面白かったし
(牧歌的すぎて涙が出そうでした)
レム睡眠とノンレム睡眠の違いを細かく説明している作品もよかったです。
ただ、昨日の映画は説明の部分が長いものが多かったかな…汗

過去に国際映画賞などで賞を受賞した科学映画は、
ナレーションによる説明はあまりせず、映像そのもので語る映画が多いようです。
プロの映像作家が撮る科学的現象は、非常にアーティスティックアート
しかし、教育の現場では、科学を芸術的に見せることをよく思わず、
「映画」としてではなく、
あくまで「資料」として断片的に見せることが少なくなかったようです。
(全体を観てはじめて、映画の伝える科学の恣意が伝わるような作品が多いのですが…)

一方東大の博物館では、
展示をアーティスティックに見せるさまざまな努力がなされているようです。
来月からの企画展は、サントリーの烏龍茶のCM撮影などで知られる、
上田義彦さんが、標本をモデルに撮った写真の展示。
小川洋子の小説のような、厳かで、幻想的でありながらもくっきりとそこに存在する、
不思議なムードの写真でサイエンスを見せてくれます。

科学と芸術をコラボさせることの意義。
それを論じれるようになりたいです。
| - | 23:47 | comments(0) | trackbacks(2)
先週封切になった「サンキュー・スモーキング」を観てきましたカチンコ

タバコ科学アカデミーの主任スポークスマン、ニック・ネイラー。
得意の話術でタバコ業界へのバッシングをひらりとかわし、
反タバコ法案を掲げる議員と戦うため、あの手この手の戦略をしかけるのですが…
という痛快な知的エンターテイメント作品です。
にやっと笑えるシーンが多くて楽しめましたイヒヒ
父子の関係も可愛らしく描かれています。

「都合のいいことは情報操作ですり替えられている」というのがこの映画のテーマ。
そして個人個人が自分で選択できるようになることが重要だと、本作品は語っています。
語り方ひとつで同じ事実にも別の印象や解釈を与えることができます。
個人にそれを選ぶリテラシーをつけてもらうには?個人の選択が可能になる語りとは?
科学コミュニケーターを目指す人にも、ヒントが散りばめられてるんじゃないかなあ。

ちなみにこの映画の中で、劇場に一番笑いが湧いたシーンは、
ハリウッドの映画製作会社社長が、超怪しげな着物を着ているシーンでした。
ヒロシという名前の、どう見たって日本人には見えない人物も登場してました。
そりゃ日本のイメージに対する情報操作だよ…猫2




| - | 15:45 | comments(0) | trackbacks(3)
ひさしぶりに書きます。
このブログ、ずいぶん長いことほったらかしにしてしまいましたが
更新してない時も意外にも見てくれている方がいて、なんだか嬉しいです揺れるハート
しばらく見てないうちに、このブログでもマジカルメーカーが使えるようになってるよ星

書いていない間にもサイエンスカフェに参加したり
科学と社会を考える合宿に行ったり
CoSTEPの方々の前で発表させていただく機会を与えていただいたり
京大や他のところで科学コミュニケーションしてる人に会えたりしました。ぴかぴか
いずれまた書いていきたいと思います。

昨日は授業で医薬品ライフタイムマネジメントセンターの紹介がありました。
医薬品の処方ミス、患者さんの予期せぬ服薬ミス、その他もろもろの医療過誤を防ぐため、
全国の薬剤師、栄養士、医師など患者を直接見ている現場の人々が
ヒヤリあせあせとした体験、ハッどんっとしたミス
(まとめてヒヤリハット事例と呼ばれてます)
を共有するためのシステムが用意されています。

人為的なミスは、薬品の改善やシステムタグの導入などのユビキタス技術だけでは
まだまだ防ぎきれないもの。
経験値の高い調剤師ほど、思い込みで間違えたりしてしまうこともありますし、
患者さんは患者さんで医療従事者の想像もつかないことをしてしまうこともあります。

リスクをひとりひとりが防いでいけるように、
ミスを共有して安全意識を高めることや、
事例を蓄積してライブラリーを作ることには重要な意義を感じました。

私は昨日、足の小指をぶっつけて爪が紫色になりました。
自分自身のリスクマネジメントができるライブラリーが欲しいよう悲しい
| - | 21:42 | comments(0) | trackbacks(16)
小雨 / 晴れ

科学コミュニケーション仲間でもあるお友達、Yちゃんと遊んできました。
東京は昨日から雨が降ったり止んだり。

昨日、Yちゃんと私の従兄弟たちと祖母と、雷を見ながら虹の話をしていました。
従妹は雨上がりに虹の、足のところを見たことがあるそうです。

私も足までとはいきませんが、
大きな虹をかなり下のほうまで見たことがあります。
それは忘れもしない私のバンドの初ライブの日…
というと長い話になるのでここではしませんが、
自然がもたらす美しさに出会ったときって
そこに神様がいて、そこだけ時間が止まっているような、
不思議な感覚にとらわれるものです。
雨雲の端っこ、雨と晴れの境界線を見つけた時とか、
雲の切れ間から天使の階段ができている時とか。

今日はYちゃんと代官山でお買い物してきたのですが、
こんなアイテム再発見しました。
お部屋の中に虹を作る機械、「レインボーメーカー」です。
ソーラー電池で動きます。
これなら毎日ちょっとした感動が楽しめるかも…
と思い前から欲しいな〜と思っているのですが、まだ買っていませんたらーっ


こういう感動も、科学好きの原動力になるのかな、と思います。
| - | 22:08 | comments(2) | trackbacks(1)
科学より、まず科学する心を教えるのが大事かな、と
今日「どうぶつ奇想天外」を見ながら思いました。
(どうぶつ奇想天外は、私が愛してやまない番組のひとつです)

科学映画にも「考える〜創造的思考の技術をめぐって〜」という作品があります。
まだ見てないのですが。

scienceの語源は、ラテン後のscientia、考えるという意味です。
考えることなくして、科学というものは成り立ちえない。
至極当たり前のようですが、
大人になるほどいろんなことを考えなくなるもので、
科学者であっても段々考えることを忘れていく人が多いように思います。
特に権威がモノ言う世界では。

ということで根源的だな、と思ったのがこの絵本

14匹のネズミたちシリーズで有名ないわむらかずおさんが、
自然の中で「考える」ことをシンプルなマンガにしています。

あと小さい頃大好きだったのはコレ

絵が細かくて、それを見てるだけで楽しかった。
絵ひとつで考えさせるってすごいことだと思います。
小さい頃の私は、「ふしぎなのり」の章が特に大好きで
「バックミラーのついたゾウ」とか
「ぺちゃんこのブタ」を一生懸命想像して絵にしていました。豚

身近な、水の物性を描いているのはこの絵本

物語で、水という物質についてこんなに語れるなんてすごい…
と今になると思います。

絵本の力は、大人になっても残る、強力な力だと思います子供
| - | 22:13 | comments(3) | trackbacks(0)
おてんき

今日は国際展示場で催されたブックフェアに行ってまいりました読書
大手から、自然科学書、人文社会書などの専門書、児童書、洋書
など大小様々の出版社が一同に介して本を展示し、
普段よりちょっと安く本が買えちゃう、素敵な会ですラブ
出版社だけでなく、印刷屋さんや書籍関連のグッズ販売のブースも出ています。
先週講演会を見にいった、茂木健一郎のトークのほか、
いろんな有名人のサイン会や講演会、出版社によるセミナーもあります。

私は、児童書コーナーと自然科学書コーナーで大満足ラブラブ
絵本コーナーだけでも一日楽しめそうでしたし、
自然科学系の専門書コーナーでは、普段書店ではあまり見られない、
マニアックな専門書がたくさんありました。
各臓器の形をした、臓器絵本とか、医学映像教育DVDとか…
医学の勉強される方は、こんなんどうですか?下向き


化学のこの教科書も、日常的な事柄と化学の説明をうまく組み合わせています。

きっとこういう大きなフェアじゃないと出会えなかっただろうなあ…しょんぼり

私は今日は、子供むけの科学の本と科学ゲームを買い込みました。
ゲームというのは、奥野かるた店さんのブースで見つけました。

まず、イラストがいい味出してる、「精選理科かるた」。
読み札はこんな感じ。
「の」:ノーベルはダイナマイトを発明す
「そ」:そらマメの根に根瘤バクテリア
「も」:モルモットわが身を殺して人のため
…なんかシュール!?ピピピ

あと、鳥をグループ分けする「バードゲーム」(環境破壊カードが恐ろしい)
メンデルの法則を学ぶ「メンデルダイスゲーム」
プラスとマイナスのカードをあわせて化合物を作る「イオンゲーム」
を購入しました。

他にも「進化のかるた」とか「省エネかるた」、
宇宙のカードゲーム「NEO」、「野菜カード」など多種類ありました。
ゲームで科学…熱いですよ星
これだけで科学ワークショップできそうです。

ちなみに買った本はこれなど。

| - | 00:51 | comments(0) | trackbacks(4)
くもり

科学映画を調べに国会図書館に行ってきました。
国会図書館はでっかいびっくり
本の閲覧・複写システムもスムーズで、
案内のお姉さんたちはにこにこしてて優しいラブラブ

「視聴覚教育」という雑誌を読んでいたのですが
60年代の雑誌、手描きのイラストや文字、印刷の匂いが
ツボにはまりました。夏休みはこれをがんがん読むぞーてれちゃう

この「視聴覚教育」という雑誌、月刊で、
その月の新作教育映画、劇場公開映画、教育用スライドの
概要と、授業などでの使い方を紹介しているのですが、
なんと「今月の紙芝居」というコーナーもありました。ひらめき
紙芝居教育、メジャーに行われていたのですね。
昔は町に紙芝居のおじさんもいたわけですし。
紙芝居の木枠は、現在ではニーズも少なく、高価になってるのだそうです。
絵本の読み聞かせが流行っているのですから、
紙芝居にももっとスポットが当たっていい気がするなあ。



絵本作家の五味太郎さんが、「絶望に効く薬」の中で
「自分に甘く、他人に厳しく」と言っていたのがかっこいいなあと思いました。
自分に厳しくしているとマインドが閉じちゃうし、
他人に厳しくするのはかなり難しいことだと思います。
常にオープンで、いいかんじでいいかげんでいたい。
| - | 21:43 | comments(0) | trackbacks(1)
くもり

科学映画の研究、いろんな方に支えてもらっていますポロリ
明日は国会図書館に行ってこようと思います。
国会図書館初体験、わーいぴかぴか

ニュースで話題になっていた東北大のサイエンスエンジェル星
エンジェルって…そんな大衆消費文化の波に乗ったような名前でいいの?
と思ったら、「チャーリーズエンジェル」的エンジェルを意識した
ネーミングだったのだそうです

それならかっこいいかな…(笑)

農学部生だったときは、研究室の女の子たちと、
理系女子の将来の不安(結婚、出産、仕事とかね)をよく
飲みながら語ったものでしたワイングラス
理系女子や理系女子になりたい人が読める雑誌があったらいいなあと思ってます
現役女性研究者なり学生なりのライフスタイルを紹介したり、
白衣を可愛く着る方法や理系的メイクレッスンが載ってるのかわいい
どこかでムック作れないかなあ見る
| - | 11:13 | comments(2) | trackbacks(8)
あめ


お台場の夕焼けです。
レインボーブリッジがとてもきれいでしたぴかぴか

どうしてお台場なのかと言うと、
研究室の先輩があの脳科学者、茂木健一郎の
トークショーに誘ってくださったのです。
PSP用のアハ体験のゲームが発売されたので、その記念の講演でした。

自己啓発本の作者みたいな怪しげな科学者かと思っていたのですが
なかなかいいことをおっしゃってました。
何より素敵だと思ったのが、人の話に耳を傾け
どんな質問にでもきちんと答える態度。
茂木さんは「創造力とコミュニケーション能力」の重要性を説いていましたが
この人はそれがきちんと備わった人物なのだと思いましたラッキー

会場のソニーエクスプローラサイエンスもぐるりと回ってきました。
インタラクティブな科学展示が未来っぽく面白かったのですが
展示解説文が難しくてわかりにくい!
ここはコミュニケーション能力がもうすこし必要みたいですたらーっ

ちなみに、こないだ大学院の授業で、とある先生が
科学インタープリターの必要性を話していました。
先生いわく、科学プロデューサーなりインタープリターなりに必要な素質は
よつばのクローバーあきらめない
よつばのクローバー怒らない
よつばのクローバーゆずらない
よつばのクローバー疲れない
よつばのクローバー自慢しない
うーん…身にしみます…

そんなモデルになりそうな人物がいろいろ載ってるのがこちら

マンガ家山田玲司が、「つきぬけた」方々と対談、
人生哲学を聞いてくるシリーズです。
失敗学の畑村洋太郎さん、JAXAの沖田耕一さんなど
科学者も数名登場します。
生身の人間は、何より面白いですね聞き耳を立てる
| - | 22:40 | comments(0) | trackbacks(1)
SPONSORED LINKS
PROFILE
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
tag friends
ticker
MOBILE
qrcode
LINKS
LIFE STRIPE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM